s_mai347.jpg

前回、メサと本拠点をネザー経由で繋いだわけですが。このメサにやって来た理由は、メサに生成されるようになったメサ廃坑を探索するためです。さしあたって地図を作り、メサの全体を把握してきました。こう見るとけっこう広いですね。メサの外周だけをグルっと巡るだけでも、直線距離に直せば地図を横断しそうです。

地図上のオレンジ色の場所がメサで、その上にある緑の点がメサ拠点。埋まっている地図の右上にあるのが本拠点。地図には印がないですが、左下の砂漠の半島が砂漠拠点です。そこから船で縦断してきたわけです。


s_mai345.jpg

地図埋めの過程で村を発見。ここには今回初遭遇となる農民がいましたので、村人増殖をすることがあればここから農民を引っ張ってくることになりそう。


s_mai346.jpg

4枚作った地図のうちの左上には砂漠の村があり、そこにはなんと修繕のエンチャントを交換してくれる司書が!! これはぜひとも確保しておきたいですね。画像では分かりにくいですが、エメラルド38個と本1冊で交換してくれます。修繕が交換できるならレートなんて関係ありません。

と思っていたのですが、嫁が、この同じ村で、もう一人修繕のエンチャント本を交換してくれる司書を発見していました。そちらはエメラルド28個と本1冊。レートは関係あるある。っていうか、この村すごいな。


s_mai348.jpg

で、本格的にメサ廃坑を探索していきます。メサは高さに関係なく(?)地上でも露出した金が取れます。まさにアメリカンドリームなゴールドラッシュ。金採掘にはもってこいのバイオームというわけですね。このケイブスパイダースポナーは廃坑内にすっぽり収まっていますが、そもそもスポナーが地上に露出していてなにもしなくても制圧できている場所もちらほら存在します。


s_mai349.jpg

メサ廃坑を探索して回った感想としては、基本的に構造は奥まっておらず、こういう風に複雑そうに見えても中はそんなに広くありません。入り組んでいるのはごくごく稀ですね。


s_mai350.jpg

ゾンビスポナーも発見。ケイブのスポナーがやたらめったある印象ですが、このほかにもノーマルクモや、スケルトンスポナーもあり、なかなか歯ごたえがあります。


s_mai351.jpg

そして、山と山のくぼ地にぽっかりと開いた、非常に雰囲気のあるメサ廃坑も。ここは二つの山の間にありまして、くぼ地を挟んで両側にメイサ廃坑が点在しています。

また、メサ廃坑はバイオームを侵食するようで、今回はメサと繋がっているタイガにもメサ廃坑が生成されていましたので、見落としなく探索するならば隣接するバイオームもチェックしておくとよさそうです。その場所は画像の地図上だと、メサの下側、茶色と緑の境目の部分になります。

メサ廃坑は一つ見つければ1か所に集中的にありますが、広いメサ内にメサ廃坑が点在していますので、すべてを回るのはかなり根気がいる作業だと感じました。次回も探索は続きますよ。


スポンサーサイト
マインクラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
s_mai338.jpg

前回の砂漠拠点から船旅でメサまでやってきました。本拠点は地図右上。砂漠拠点は地図右下。そして、メサは地図左上。したがって、本拠点から馬にでも乗って一直線に西に行けばメサには着くのですが、森が多く、馬での移動は時間がかかります。

砂漠拠点(地図右下)からでしたら、地図中央を斜めに船で横断してメサまで(地図左上)一直線ですので、移動が非常に楽だったんですよね。


s_mai339.jpg

中は簡易拠点なのでこんな感じ。こだわるのはまた後日。というか、そんな日が来るかはまた別の話なんだぜっ! ここを拠点になにかすることがあるとすれば、それはかなり先の話でしょう。ただ、ここには一応目的があって来ているので、そのための最低限の施設があればいいんです。本格的に拠点設営をしだすと、牧場に農場にと色々必要になってきますからね。

で、すでにネザーゲートが開通しておりますが、今回はここからネザー経由で本拠点のネザーゲートと繋げたいと思います。


s_mai340.jpg

メサ側からネザーに接続しました。ここから地図一枚分、東西を横断するための通路を掘ったり橋を架けたりしていきます。


s_mai341.jpg

過程を色々すっ飛ばして、ネザーの本拠点まで接続できました。左側は砂漠拠点に右側はメサ拠点に繋がっています。


s_mai342.jpg

線路も敷いて、前回の砂漠拠点ではレッドストーントーチと松明を使用していましたが、今回からレッドストーンブロックとカボチャランタンに変えています。カボチャランタンはちょっと自己主張が……。でも壁はすっきりしました。砂漠拠点に続く線路もこちらと同じ仕様に変えています。この辺の作業は嫁が頑張ってくれました。


s_mai343.jpg

角度が悪い。まあいいか。こちらがメサ拠点に続くネザーゲート側。簡単にオークの葉とカボチャランタンで装飾してあります。


マインクラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
s_mai332.jpg

その22で建てた砂漠拠点があまりにもひどい仕上がりでしたので、改築しました。というか、建屋をぶっ壊して、遺跡っぽくしてみました。旅の扉みたい、な??


s_mai333.jpg

簡易の船着き場も作成。夜でも船着き場がわかりやすいように、海底にはビーコン代わりのカボチャランタンを仕込んでいます。


s_mai334.jpg

ここから冒険の旅へ! ここを利用することはそう多くないでしょうが、これからここを出発してとある場所に向かいます。別にここから出発する必要性はまったくないのですが、雰囲気は大事です。


s_mai335.jpg

旅の扉の地下には簡易宿泊所を設置。のちにこの場所でもある程度活動できるよう、さらに地下に、嫁がニンジンの栽培所を作ってくれています。


s_mai336.jpg

で、しばらく放置していたら、なんとゾンビピックマンがネザーゲートからスポーンし、2匹とも船に乗り込んでいました。カワイイ。あと、小麦のちょっとした畑と、左側にはよく見えませんがすごく小さいですけれど、養鶏場があります。


s_mai337.jpg

並んで記念写真。ネームタグで名前でもつけてデスポしないようにしておけばよかった。しばらくして立ち寄ってみると、2匹とも消えていました。さて、ここからとある場所へと出発します。


マインクラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
s_mai328.jpg

今回はネザー経由で砂漠からうさぎを連れて来ます。そのために作ったのが前回のポーション作成施設だったわけです。うさぎは体力が低い上にすぐにぴょんぴょんして落下し、バタバタ死んでいくという悲しい生き物なので、治癒のスプラッシュポーションを事前に作成して、うさぎの落下死対策をしたかったという感じ。


s_mai329.jpg

ニンジンに釣られるうさぎさんたち。念のため、先に2匹はトロッコで送っています。全員トロッコで送ればよくね? と思わなくもないですが、トロッコが跳ね返ってくるのが嫌だったのと、かといって1回1回往復するのも面倒くさいですからね。まあ、最終的にはトコッコで送った2匹で繁殖させればいいという結論に行き着くのですが、それは考えない方向で。


s_mai330.jpg

嫁のニンジンに釣られたり、僕のニンジンに釣られたり、忙しそうなうさぎさんたち。そして、この些細な段差ですら、たまに跳ねてダメージを喰らう悲しい生き物です。すっごい繊細。


s_mai331.jpg

というわけで、無事に全員うさぎ小屋に連れてくることができました。うさぎはフェンスを飛び越えますので、フェンスゲートも2段仕様。うさぎが実装されてからそれなりに長いことやっていますけれど、この2色以外は見たことがないです。


マインクラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
s_mai325.jpg

エンチャント本倉庫を作った右奥にポーション作成部屋を作りました。入口にはおそらく初めて使うブロック、ネザーウォートブロックを使ってその上に額縁を貼っています。このブロックも有効に使える自信がないんですが……。このブロックを活用している人ってどんな場面で使っているのだろう。


s_mai326.jpg

中はこんな感じ。ちょっとカーペットがしつこい、かな? 左には無限水源。奥には必要最小限のネザーウォート収穫場所。そして倉庫ですね。ポーション作成に必要なあれこれが入っています。


s_mai327.jpg

右側はこんな感じ。シンプルにポーション醸造台が3台あります。まあ、これ以上活用することもないでしょう。1台でもいいのですが、見た目の問題です。本棚や額縁の本は、ポーション作成の極意書が収蔵されているという妄想です。


マインクラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »